■ オレって、しあわせwwwww (7/7)





そう言うと ネック は、

ソファーの上に
寝そべったまま

コロンと体を反対にして、
ふき に背を向け、

毛づくろいを
再開させるのでした。






あんたは そうやって、
いつもどおり、

「自慢にもなってない
くだらない自慢話」

でも 続けてなさいよ。




あたし、忙しいの。


キレイでいる のって、

けっこう
苦労 多いんだかんね?







呆然とする ふきを尻目に、




ソファの上の 白猫は、

耳の後ろのムダ毛を
排除するために、

後ろ足を 器用にまげて、

ババババッと すばやく
後頭部をブラッシング
しました。



ネック の 白く細い
抜け毛たちが、

宙に キラキラと
やわらかく舞い上がります…









それを見つめる
ふき の顔面が、

先ほどにも増して
青ーくなっていきました。






ソファについた抜け毛を
掃除するのって、


本っ当に 大変 なのです…






[章の 目次 に戻る]