■『健康』だから しあわせ (2/2)





そんな ネック の視線から
目をそらすように、

ふき は腕をふりまわして
主張を続行するのでした。




け け 『健康』こそは、
「しあわせの基本」
ですよ!!



病気に なっちゃったら、
「学校」にも行けないし、
「会社」にも行けない…

すると お金も
手に入らないから、
「貯金」は できないし、
「物」も買えない…




「友達」「恋人」
作りづらくなっちゃうし、

「将来の夢」だって、
かなえるのが難しく
なっちゃうでしょ!?





当たり前みたいだけど、

だからこそ大切な
要素なんですよ。

健康バンザイ!!







大汗をかきながら
主張しているうちに、

意外にシヅシマが合い…



それどころか なにか、

『 今まで自分が語ってきた
「しあわせ」 の総決算 』

のようになって、

ふき は正直、自分自身で
ビックリしていました。







当初は 不可解な顔を
していた ネック も、

話を聞き終わると、
しばらくナナメ下を見ながら

あごの下を前足で
コリコリとかき、



なるほどねぇ…


と、ちょっと
考えこんでいる様子です。






これで、本当の本当に、
ふき の主張は
出つくしました。




ネック は、ふき
「しあわせ」について、

どのような評価を
下すのでしょうか…?




考えこんでいた ネック が、
顔を上げました。


いよいよ、

「そのとき」が 来たようです。


  






[章の 目次 に戻る]