■「若さ」は、宝くじ と同じ(3/4)





ミューラー の 話を
静かに聞いていた ネック は、

ここで「うんうん」と
うなずき、


「理解した、坊や?」




とでも言わんばかりの表情で、
ふき を見あげました。







そういうことよ? ふき

あんたは さっき、
お年寄りたちを
バカにしてたけど…





あの人たちにも
「若い頃」があって、

その当時 やる事やって、

その結果、今、
「お年寄り」と呼ばれる
年齢になってるだけのこと

なのよね。





たしかに、お年寄りって、

若者に比べれば
残りの人生も長くないから、

「今後さらに」 成功したりとか、
実績 残したりするのとかは、
難しい
かもしんないけど…





そもそも、
あの人たちの大半は、

『 すでに 』大なり小なり成功を…
「結果」を出してんだかんね?



あんた、
それ ちゃんと 分かってて
言ってんの?






ふき は 何も
言い返しませんが、




その表情を見れば、

「分からずに言ってた」
のは 明白でした。





「宝くじに たとえたとき、
一番安い 100円 や 200円 を
当てたような人生」
の 人たちは、

たしかに
世の中 全体から見れば、
「ちっぽけな成功」
だし、

今の 若い あんたは、
そういう人たちを
笑うでしょうけど…





『 あんたが将来、
それを超えられるって保証 』
も、

どこにも無い
あたしは思うんですけど〜?






[章の 目次 に戻る]