■「若さ」は、宝くじ と同じ(4/4)





ふき の 頭の中では、

先ほどの ミューラー の、

『 宝くじは、ハズれる可能性もある 』

という言葉が、

ゆわんゆわん と
リフレインし続けています。







そんな あんたが、

なんで お年寄りを
バカにできるわけ?





のぼせ上がんじゃ
ないわよ!



今後いくらになるかも
分かったもんじゃない
宝くじ…

『 ただの 紙切れ 』
分際で!








「無限の可能性」から、
「紙切れ」
降格された ふき





なんとも 前途多難な
すべり出し

なってしまいましたが、

彼は ここから
盛り返せるのでしょうか?


はてさて…






ちなみに、

この討論の 本題
(生きる意味)とは、
直接は 関係ないかも
しれませんが、

ミューラー が、
こんな提案もしていました。





「若者と お年寄りの実力」を
そのまま比較するのは
難しいですが…


たとえば、
「その お年寄りの若かったころ」と、
「今の 若い自分」とを
同年齢で比べれば、


いくらか フェアな比較に
なるかもしれませんね。





もちろん、

時代背景なども
異なるので、

「厳密な比較」は
そもそも無理な話

なのですが…


指標ぐらいには なる
ように 思うのです。




  





若さってやつは
あくまで「可能性」で、

「価値」そのものじゃない
んだからね。


だから 必ずしも、
「 若い=しあわせ 」とは
限らない
んじゃないの?





[章の 目次 に戻る]