■「お金」の価値は、
変動させられてしまう (6/7)






あと、ミューラー
言わなかったから

あたしが
付け加えたげるけどね…


『 お金で 何でも買える
わけじゃない 』

てことも、

当然だけど
おぼえときなさいよ?





あんた 前に、
自分で言ってたじゃん。


『 若さは お金で買えない 』
ってね。






そう。

たしかに ふき は、
そう言いました。



ふき としては、

「別の意味」で
言ったつもりの
言葉だったのですが…








必死こいて お金貯めて、

定年になって、
ようやく働かなくても
よくなった…


でも、お年寄りになった
あんたは、

そのあと、そのお金で
何するつもり
なの?





多分、できることは
限られてくると思うよ?


どんなに 大金つんでも、
時間 は…

「若さ」は もう、
元には戻んないんだからね。







そんなふうに、
ちょっと イジわるく言った
ネック でしたが…



ふき の 丸まった
寂しそうな背中に
気がついて、


「…ふん」
きまり悪そうに
横を向いてしまいました。

  









ただ、

ふき くん…




そんな空気を
とりなすように、

ミューラー は、
こんな話を始めました。






[章の 目次 に戻る]