■「健康」は、しあわせ の基礎(4/4)





そんな
無意味な『人生』
だけは、

あたしは ごめんだね。




ネック が、

やけに しみじみと
つぶやいた後…




まあ…

かくいう あたしは
『猫』なんだけどね。




と、自ら茶化すように、

そんなベタな冗談を
言いました。




ミューラー
おだやかに笑い、

ふき も つられて
苦笑します。

  





ふき にとって、
ここしばらく、

重く つらい話
続きましたが、


そんな
今までの緊張感が、

少し ゆるんだような
気もしました。




2月の午後 は、
まだまだ
厳しい寒さですが、


その日、ふき の家の
リビングには、

やさしい太陽な光が、

ゆるやかに
そそいでおりました。






まとめ的 なことは
ミューラー が途中で
言っちゃったから、

あたしからは 特に
言うこた無いわね。


でも、当たり前のようで
ある日 突然
無くなっちゃう
のが

『健康』だったり、
『命』だったり
するんだけどね…


ま、あたしみたいな
ピチピチの若いメス猫
言うことじゃないかも
しれませんけど〜?





[章の 目次 に戻る]