■『恋人』がいれば、
本当に しあわせ?(6/9)

『見栄と世間体だけの
寂しくスカスカな「恋愛」も、
世の中には ある』





…そ、それだけ?


そんな事しか、
考えてなかったの、

彼女…?






ふきショック
当然でした。



彼女が
「デートと無関係なこと」しか
考えていなかった
のも
驚きですが、


実は 今日、ふき は、

近々むかえる
彼女の誕生日 について、


『プレゼントとして、
オレが お金出すから、

どこかに2人で
「旅行」しようよ!』




と、提案していたのです。




ふき としては、
今の2人の関係の進展
も 期待した、

一世一代の 提案
だったのですが…



当の彼女にとっては、

「友達のメールや お天気チェック」
よりも、心に響いていない、
無駄話 に すぎなかった

のです…






もしかしたら
彼女さん、

自分の誕生日ごろまで
ふきくん と 付き合う気が、

すでに もう無い

のでは ないでしょうか…?





ふき の 頭の中で、

ズゴ〜ン…
重い音が鳴り響きました。







名推理だね、ミューラー

「今のままの ゆるい関係」
なら 別にいいけど、

ふき が 距離を
縮めたがってる」
から、

『そろそろ ウゼェ』って
思ってるのかもね。





ふき の 脳裏で、

ズゴ〜ン…
反響しています。








てか、彼女も
なんか すごい
よね。


ふき に ここまで
「無関心」なのに…

「尊敬」の「そ」の字も
無い
くせに、

よくも まあ、
おデートなんか
できるもんだよねぇ?





ネック の 言葉に、

ミューラー
しみじみと うなずきました。





これは、

先日お話しした『夢』
同じ構造の問題
なのかも
しれませんね…





「とりあえず
持っていないと、
恥ずかしい」
という、

本末転倒 な 状況に、

今の世の中の『恋』が、
なってしまっているのでは
ないでしょうか…?





『(1人)ボッチだと
世間的に
みっともないから、

取りあえず
誰でもいいから
キープしておこう』


ぐらいの 感覚なのだと
思います。





「夢」だけじゃなくて、

「人間関係」まで
『アクセ』(サリー)

なんだね。


「クール」なんだか、
『見栄っぱり』なんだか…






そ、そこまで彼女を
悪く言うこと
ないだろ!!




深いショックの中を
ただよっていた
ふき でしたが、


愛する彼女 のために
気力をふりしぼって、
反論 に 転じようとしました。




ところが…





そーよね、

彼女ばっかり悪く言うのは
オカシイよね。


『原因は、あんたにもある』
んだから…




と、ネック
切り返されて、

キョトン と
してしまいました。









[章の 目次 に戻る]