★ かみね の 旅立ち(3/3)





キツネの おじいさん は、
満足そうに うなずき、


そして、思い出したように
たずねました。




そういえば、

ふき住居の場所は、
もう 正確に
憶えられたかの?


先日、すでに一度
たずねてみたとは
言っておったが…





はい。

ふきさん の 住む街は、

ものすごく たくさんの
人間さんたちの
お家や道路があって、

複雑なのですが…





かみね

ちゃんと
『ナビゲーター用の アプリ』
を 使いながら
訪問しておりますから、

ご心配には及びませんっ





かみね
そう言うや いなや、

袖の中に入れていた
「スマートフォン」(みたいなもの)
を取り出し、


師匠を仰ぎ見ながら、

うれしそうに
使い方の説明を
はじめるのでした。






( 並外れた「神通力」
持っておるのじゃから、

自分の能力で調べたほうが
早いと思うのじゃが…


こういう
ミーハーなところが、

どうにも
理解に苦しむ子じゃわい… )





キツネの おじいさん
困り顔にも気づかず、

かみね
スマホ談議は続きます…





2月の 晴れた公園には、

ゆるく おだやかな風が、
流れておりました。







[章の 目次 に戻る]