■ しあわせを『無限化』してみよう(4/4)





ふきくん が 今まで
「揺るぎない しあわせ」
だと 感じていたものが、

実は、『枝葉』に
すぎなかった…



その事実を
ご理解いただくために、

今から1つ、
おもしろい実験を
してみようと思います。




つまり、

ふきくん の主張する
「しあわせ」を、


『 無限化 』してみる
のです。






そう言って、
ニッコリとほほえんだ
ミューラー は、

ホテルマンが お客を
案内するようなポーズで、

羽根を、リビングの
真ん中に向けて
のばしました。



「こちらで ジックリ
お話ししましょう」


という事のようです。







それにしても、

『 無限化 』とは 一体…?




ふきたち は、
ほのかな不安と 好奇心
背中を押されるように、

トンビ紳士とともに
輪になって、

部屋の真ん中に
座ったのでした。


 
 






[章の 目次 に戻る]