■『お金』を
無限化してみる(3/5)

『1兆円もらったら、何をする?』





『1兆円』もの
お金があったら、

そうだなぁ…


まず、
もう 働いたりなんかせず、
一生 遊んで暮らしたい
なぁ。






あんた、
『仕事は 社会貢献だ!』
とか 言ってたくせに…?






呆れ果てる
ネック でしたが、

そのあたりの素性は
先日 ふき から
事こまかく聞いたので、

今回は スルーしておく
ことにしました。





なるほど、

「時間的な余裕」
欲しいわけですね。


調べてみたところ、

この国で人間さんが
人並みの暮らしを
するためには、

『生涯で、2〜3億円』
の 資金が必要

だそうです。





ということは、

「1兆円の 使い道のうち、
2〜3億円分」
は、

ふきくん ご自身が
生きていくための
さまざまな諸経費…


という事に
いたしましょう。





でも、まだあと
「9997億円」ぐらい
ありますよ、
ふきさん?

残った お金で、
何をされるんですか?




あふれるほどの
自由な時間

手に入った。

次は…





欲しい「ゲーム」とか
「音楽CD」とか「本」とか、
いっぱいある
んだよな…

それ 買っちゃうよ!





時間も たーーっぷり
出来たわけだし、

遠慮なく
ガッツン ガッツン
遊びまくるぞ〜〜!!





分かりました。

それでは 思い切って、

『それぞれを
1万本ずつ買った』

と考えて
計算してみましょう。





大ざっばに、

ゲーム で 5000万円、
音楽CD で 3000万円、
書籍 で 2000万円


ぐらいを 使うことに
なりそうですから…


全部 足すと、
1億円
ですね。

残り、9996億円
という所ですか…





ぜんぜん
減らないじゃん…


てか、ゲームとか
「1万本」も買っちゃって、
死ぬまでに
遊びきれんの?




「1日1本」
クリアしたとしても、

30年 ぐらい
かかっちゃいますよね…




ふきは、

30年間 1日たりとも
休むことのできない

ゲーム漬けの 地獄の人生
を 想像して、

吐きそうになりました…








[章の 目次 に戻る]