■ 「お金」 を無限化してみる(2/2)






無限にお金があったら、

そうだなぁ…


まず、もう働いたりなんかせず、
一生遊んで暮らしたい
なぁ。





『仕事は 社会貢献だ!』

とか言ってた その口で、
よくもまぁ 言えるねぇ…?






呆れ果てる ネック でしたが、

そのあたりの素性は
先日 ふき から
事こまかく聞いたので、

今回は スルーしておく
ことにしました。





なるほど、

「時間的な余裕」 が
欲しいわけですね。


調べてみたところ、
この国で人間さんが
人並みの暮らしをするためには、

生涯で 「2〜3億円」 の
資金が必要
だそうです。




ということは、

1兆円の使い道のうち、
2〜3億円は、

ふきさん ご自身が
生きていくための
さまざまな諸経費…


という事にしましょう。




でも、まだあと
9997億円ぐらいありますよ、
ふきさん?

残った お金で、
何をされるんですか?





あふれるほどの
自由な時間が手に入った…


次は…




欲しい ゲーム とか
音楽CD とか 本 とか、
いっぱいあるんだよな…

それ買っちゃうよ!



時間も たーーっぷり
出来たわけだし、

遠慮なくガッツンガッツン
遊ぶぞ〜〜!!




分かりました。

それでは思い切って、
それぞれを1万本ずつ
買ったとして
計算してみましょう…


だいたい、
ゲーム で 5000万円、
音楽CD で 3000万円、
書籍 で 2000万円 を
使うことになりそうですから…


全部足して、1億円ですね。

残り、9996億円という所ですか…




ぜんぜん減らないじゃん…


てか、ゲームとか1万本も買って、
あんた、死ぬまでに遊びきれんの?




1日1本クリアしても、

30年 ぐらい
かかっちゃいますよね…




ふきは、

30年間 1日たりとも
休むことのできない
ゲーム漬けの
地獄の人生を想像して、

吐きそうになりました…




よ、よしっ、旅行だ 旅行

パーッと 5年ぐらい
世界中をまわって、

贅沢のかぎりを
つくしてきてやる!




分かりました。

交通費や宿泊費など、
細かいことは抜きにして、

「1日 50万円 使う」 と考えて
計算してみましょう。


5年間で、約 1800日ですから…

必要経費は 9億円ですね。




残り、9987億円…

やったぁ、ふきさん。

ついに 10億のケタの数字が、
9 から 8 に変わりましたよ?





飛びはねて喜んでいる
かみね を見て、

ふき は、複雑な苦笑いを
うかべるのでした。




ほらほら、ふき

休んでんじゃないわよ。

残った 9987億円で、何すんの?




ごごご 豪邸を建てちゃうぞ!

芸能人が…

いやいや、
世界の大富豪が
住んでるような、

ありえないぐらい滅茶苦茶に
ゴージャスなやつを!





すると かみね が、

ポチポチとスマホを
操作しはじめました。




すごいですよ、ふきさん!

外国の大富豪さんたちって、

1000億円ぐらいする お家で
暮らしているそうです!





そう言いながら かみね は、

検索した数々の豪邸の写真を、
ふき に見せてくれました。




(いや、これもう 「家」 じゃないよ…

ビル か お城 だろ…)



ふきは、写真の豪邸のような
広々すぎる空間の中に住んでいる
ちっぽけな自分を想像して、

なんとも陰鬱な気分に
なってしまいました。







あと まだ、9000億円ほど
残っていますよ?

ふきくん。




ふきさん、

がんばって がんばって!




とっとと 悪い頭しぼって
考えなさいよ!

この エセ大富豪!






3匹に せまられて、

ついに ふき
涙目になってしまいました。




無理だよ!

1兆円なんて
使い切れないよ〜!




無限のお金を
持たせてやるって
言ってんのに、

たかだか1兆円の はした金で
泣きごと ほざいてんじゃないわよ


ヘタレ!!






ふき の絶叫が、
リビングにコダマしました。



なんでこんな理不尽な理由で、
ネック のツメの一閃
食らわなければならないのか…??



『これが金持ちの苦悩か…』





ふきは、痛みで
床を転げまわりながら、

意味不明な悟りに
達するのでした。




きゃあああっ

ふきさんが、ふきさんがーー


真っ青になって、

右往左往する かみね





そんな修羅場を 物ともせず、

ゴーイングマイウェイに
説明を続ける ミューラー




たしかに、
お金が大量にあれば、

資本主義社会においては
その行動の可能性は
大きく広がります…


でも、ふきくん自身に
知識や選択眼が無ければ、

巨大な 「お金の力」 を
手に入れたとしても、

有効活用することは難しい…





その人自身の能力と
お金の力が噛みあってこそ、

はじめて お金は、
しあわせを得る 「手段」
成りうるのであり、

決して、「しあわせ」の本体
というわけではない
という事が、

お分かりいただけたのでは
ないでしょうか?





彼の言葉が、

床をのたうちまわる
今の ふき の耳に、
届いたかどうかは疑問ですが…







[章の 目次 に戻る]