■『学歴』を
無限化してみる(3/3)

『学歴だけでは
拓(ひら)けない道もある』





それに ふき は、

これまでの
ネックたちとの
話し合いを通して、

気づきつつ あったのです。



『学歴』は あくまで
「学校」での勉強の結果
にしか すぎず、


社会に出てから
それが「現場」で
通用するかどうかは、


また『別の話』
だという 事実に…






それは、

今の会社に入社するために
役立った「学歴」
が、

プランナー(企画者)として
現場に立ったとき、
ほとんど 何の役にも
立たなかった
という、

苦い経験を持つ
ふき にとって…


本当に
痛いほど 身にしみて
実感される
のです。






『学歴』だけでは
拓(ひら)くことが
できない…



人によっては、
そんな「人生の道」も、
あるのですね…





でも、ふきさん、

そういうの なにか、
カッコいい と思います。





そ、そ、そう?




かみね に 褒められて、

ふき は ドギマギ
してしまいました。




そんな彼を
ネック は、

「とても 懐かしいもの」
見るような目で、
見つめるのでした。









[章の 目次 に戻る]