■『夢』を無限化してみる(4/4)
『今日をがんばり始めた者にのみ 明日が来る』





もっとも、
人間さんたちは、

これら2つのケースを
いずれも『夢』
称している
ので、

両者が混同されやすい
ですが…





かくいう私も、
当初は それに気づけず、

ずいぶんと 混乱して
しまったものです。





そういえば
このトンビ紳士、

先日、そんなことを
語っておりました。






…てことは、

まとめると
どうなんのよ?

ミューラー





『夢』自体は、
「しあわせの本体」
じゃないけれど、

フワフワした「希望」じゃなくて、
具体的な『目標』であれば、

自分が「しあわせ」になるための
『足がかり』として機能する
可能性が あるもの…



てとこですか?
ミューラーさん。






ふき の 言葉に、

ミューラー は しばし
キョトン顔に
なっておりましたが…





やがて、うれしそうに

何度も首をタテに
振りはじめました。





そうです。
その通りです!



いやはや… 私、
ふきくんに お株を
取られてしまいましたね…





ミューラー は もちろん、

かみね も 満面の笑みで
ふき を見つめています。


ネック も、
ちょっと意外そうな、

でも、まんざらでもない目を、
ふき に向けていました。


    








ちなみに ふきは、
先日 ネックたちに
指摘されてから、

本当に少しずつでは
ありますが、

自分のゲームアイディアの
メモの束を、

パソコンの
表計算ソフトを使って
リスト化する作業

始めていました。



そうすることで、

今までバラバラだった
自分のアイディアが、
頭の中で整頓 され、

何本か、
ゲーム企画としての
まとまりが見えてきた

のです。




『夢』の実現は、
まだまだ 先のようですが、

「自分の しあわせ」
のための 小さな1歩を
踏み出しつつある事に、

なにか、
手応え のようなものを
感じつつある、

今の ふき なのでした…









[章の 目次 に戻る]