■「しあわせ」の正体は『生存本能』(4/7)





まず、「DNA」の
根本的な目的
は、

『 DNA自身を
生きのびさせること 』

にあります。

俗に『 生存本能 』とも
言われているものですね。





そして、
われわれの身体の
構成物の1つである『 脳 』


私たちの 意識の源
である「脳」も、

DNA によって
作られたもの
です。





すると当然、
われわれの脳は、

「自分が 生きのびられること」
「自分が 長生きできること」
を、価値のあること…



つまり、
「しあわせ」として
認識するようにできている

と 考えるのが、自然です。







…え?

……え??

それって つまり…





人間さんや、

生物の皆さんが
感じている

「しあわせ」の 正体って…





とまどう ふきたちに、

ミューラー
深く うなずきました。





そうです。


一見すると 多種多様 で、

「人それぞれ」などと
言われている
「しあわせ」ですが…





結局は、
DNA の基本概念である
「生存本能」に 合致
したもの…


『 自分の生存確率を
向上させるもの 』

に 対して抱く
感情に すぎなかった…





その実態は、

『 生存本能という
たった1本の
「幹」から のびた、


「さまざまな枝葉」』
に すぎなかったのです。



  






[章の 目次 に戻る]