■ DNA の生存本能で、
『損得』について考えてみる(3/5)






聞きなれない言葉に
とまどう ふき に、

ネック が こう答えました




『 自分の感じ方 』
ってことよ?

「人それぞれ」って
やつだね。





そういえば、
聞いたことがあります。

「主観」と「客観」。



主観 は、『 自分なりの 物の見方 』

客観 は、『 自分がどう思うかとは
無関係に存在する、
世の中の 事実そのもの 』

の ことだったはずです。








ネック の 説明に
うなずいた ミューラー は…

ここで 何を思ったか、

ちょっと、話の向きを
変えてきたのでした。




ところで、
ふきくん とは以前、

『 無限化 』について

話し合ったことが
ありましたよね。





たしかに ありました。


ふき の 主張した
「しあわせ」を、

『 もし それらが、
無限に手に入ったら…? 』


というケースで考えてみる、
思考実験 でした。







あのときと同様に、

もし ふきくん が
生まれながらに
『 1兆円 』
持っていたとしたら…


と、仮定して、

「買い物」について
考えてみてください。



どんなふうに なりますか?





『 1兆円 』を持った状態で
買い物をしたら、どうなるか…


考えるも何も、
もう、買い物では
一切 悩まない

ように思います。






スーパーマーケットや
コンビニの中では、

思いつくままに
欲しいものを 買い物カゴに
入れる
でしょうし…



高価な電化製品などを
買うときも、

とにかく性能の高い
シッカリしたものを、
値段など気にもせずに
選ぶ
はずです。



「これを買うには、
貯金を切り崩さなくちゃ
ならないけど、

それだと生活が不安だし、
どうしようか…??」

…みたいな悩みで
モンモンとすることなど、
もはや皆無
となる事でしょう。






[章の 目次 に戻る]