■ DNA の 生存本能で、
『損得』を考える(4/4)

『「損得」の正体は、
生存本能による「主観」』





『 損得 』は、

「自分の生存が
関わってくる」

からこそ、実感するのです。





だから、

自分自身が、
『生存をおびやかされないほどの力』
(たとえば絶大な資金力)を
手に入れた
と 仮定すれば、

「損得」の感覚も
消え去ってしまう…





それは つまり、
「損得」というものの正体が、

『 DNA の 入れ物である
われわれ生物』が、
「主観」で
そう感じているだけ

のもの…





『 DNA の 生存本能 』による
感じ方に すぎないもの
である証拠
だと、

私は思うのです






意外なところで
「無限化」が 再登場し、

ふき は 少なからず
驚きつつも…



『 DNA の 生存本能 』
について、

自分の中で
興味が ふくらんでくる のを
感じるのでした。


  





今回は、
「お金」に ついてのみ
お話をしましたが、

それ以外の物事 についても、
同様に『無限化』
してみることで、

「損得」と「生存本能」
の 関係
が、
皆さんにも きっと
見えてくると思います。

ぜひ 試してみてくださいね。





[章の 目次 に戻る]