■ 滅亡の原因は『戦争』?(2/3)





しかし、そんな ふき
心配をよそに、

ミューラー は、

「せんそう」…?

とだけ答えて、
キョトンとしています。





どうやら、
ドンピシャでは
無かったようです。

ふき は、いくぶん
ホッとしました。




でも、「戦争」 という
言葉を聞いた かみね が、



たしかに、人間さんたちの
起こす 「戦争」 は、
怖いものらしいですね…


最近は 「核兵器」 というものも
あるそうですから、

実際に戦争が起こったら、

人間さんは もちろん、
他の生物の皆さんにも、

どれだけの被害が
出てしまうでしょう…



…と 語ったので、

ふき は、胸が
痛くなったのでした…






そんな ふきかみね
見つめながら、

ミューラー は、
こう続けました。



もちろん、戦争は
恐ろしいものです…


ただ、人間さんたちが
戦争をするためには、

それなりの 「国力」 が
必要となってきます。




戦争によって、たしかに
多大な犠牲は出るでしょうが…

それで各国が
疲弊していけば、

そもそも
『 戦争を持続することが
できなくなってしまう 』

はずです。




それは つまり、

『 戦争では、
人間さんたちを含む生物全てが
滅びるところまでは行かない 』


ということなのでは
ないでしょうか?




ふき は、ちょっとだけ
ホッとして、

ミューラー の 言葉に
うなずきました。






[章の 目次 に戻る]