■ 滅亡の原因は、『環境破壊』?(3/6)





聞いた話によりますと、
生物というものは、

『 構造が単純であるほど、

何らかの環境変化が
生じたときに、

世代交代をしていく中で、
適応できるスピードが速い 』

そうです。




逆に、

『 高度で複雑な
構造を持つ生物ほど、

簡単には体が変化できず、

適応に長い期間を
要してしまう 』

のだとか…




環境破壊で
一番 「絶滅しやすい」 のは、

実は、それを出している
「人間さんたち自身」


ということですか。




ふき は またも、

ちょっと
ホッとしたような、

しかし 複雑な気持ちに
包まれたのでした。




そうか…

僕ら人間は、もっと、

「 地球に やさしく 」

しなければ
ならないんだね…




ふき の そんな言葉に、

ネック が 苦笑いをして、
こんなことを言いました。




「地球に やさしく」 … とは、

また ずいぶん
『 上から目線 』
いらっしゃいますわね、ふき




で、でもさ。

地球の自然環境に
大きなダメージを
与えているんだから、

もっと 「地球に気を使って」
人間にできる範囲のことを…




自然環境の維持のために
努力をする
ことは、

もちろん 大切なことだと
思いますよ? ふきくん。


でも それは、
「地球のため」 ではなく、

『 人間さんなど、地球の表面で
暮らしている生物たちのため 』

だけでしかありません。




そもそも、

われわれ ちっぽけな生物たちが、
この 巨大な地球に
与えられる影響など、

あまりにも 本当に
ささやかなのです。




そ、そんなに
小さいですか??

僕たち…




ふき の疑問に、

かみね が、また
スマホ(のようなもの) を
いじりはじめました。








[章の 目次 に戻る]