■ 滅亡の原因は、『自然災害』?(7/7)





ふき は しばらく、
言葉も出ませんでした。





「戦争」 は、たしかに
恐ろしい行為です…


「環境破壊」 も、
人間 皆が取り組まなければ
ならない、大切な問題です。



でも それ以上に、
「自然」 というものは、

そうした人間の 思いや 規模を
はるかに超えて、

本当に何気なく、
まったく悪気なく、


一瞬にして
こんなに大量の命を
消し去ってしまう、
無慈悲さ と 不条理さ
を、
持ちあわせているのです。





もしかしたら…


この地球上で
最も大規模で
悪意のない殺し屋
は、

『 この地球の 自然そのもの 』
なのかもしれません…







ふき は、

先日まで
「地球に やさしく!」
などと言っていた自分を
あらためて思い出して、

苦笑 するのでした。



この星の 圧倒的なまでの
巨大さと恐ろしさ
は、

そもそも、われわれ
ちっぽけすぎる生物の
存在などとは、

無関係も同然のレベル
代物だったのです…





私たちをとりまく 「自然」 は、

私たちに大きな恩恵を
与えてくれる
と同時に、

時に、冷酷な殺し屋
でもあります。


その、圧倒的で絶大、
理解不能な存在であった
「自然」 への 敬意恐れ が、

昔の人々の心に、
『 自然 = 神 』
の 図式を作り、

「祈り」 によって
その恩恵を得ようとしたり…


一方で、「神の怒り」
(人間さんたちが生きるうえで
不都合な自然災害など)

鎮めるため、

『 生贄 』 などといった
非科学的な行為によって、
無意味な殺生を繰り返して
いたのかもしれません…



しかし、

現代の人間さんたちは、
『 科学 』 という思考を得て、

地球上で唯一、
「自然の正体を、少しずつ
解き明かしていける生物」

に なりました。


「自然を支配しようとする力」
ではなく、

『 自然の本質を理解
しようとする視点 』



私は 「科学」 とは、
そういうものだと
解釈しております。





[章の 目次 に戻る]