■ 滅亡の原因は、
『氷河期(氷河時代)』?(8/8)






もっとも その前に、

次の 『 氷期 』 が来る
可能性のほうが高い
ので、

実際に われわれに
残されている時間
は、

「数億年」 どころか、

長くても 『 10万年程度 』
なのではないでしょうか…?






「氷期」 によって
必ずしも生物が絶滅する
とは限りませんが、

それに近い 甚大な被害
こうむる時代が、

10万年ほどのうちに、
ほぼ確実に
訪れてしまう
のです…




多分、僕らの
生きている間には、

そんな事態には
ならないと思うけど…


僕らの子孫たちは、
どうなっちゃうんだろう…




ふきが 寂しそうに
つぶやくと、

かみね が 励ますように、
こう言いました。




でも…

人間さんたちには、
すばらしい知識…

たとえば 『科学』
ありますよね?


それで何とか
できないのでしょうか?




そうですね。

現在では無理でも、

将来的には、
「気温をコントロール」
したり、

「地球外に巨大な
居住施設を建造」

することで、

生物の絶滅を防げる
すばらしい時代を

実現するときが
来るかもしれません。




ただ、私たち「動物」が、

わずか 10万年で
そこまで進化できるはずは
ありませんから…


どうしても、

「人間さん」のみ の力に
頼ることになってしまう

と思いますが…





そう言いながら、
ミューラーかみね
申し訳なさそうな…


しかし、なにかを
期待する目を、

「人間である ふき
向けました。

  




重大な任務を背負った
ような気持ちになって、

ふき が オロオロと
ネック のほうに
顔を向けると…



ネックは ただ、
いつもの ニヤリ顔で、

ふき を 見上げたのでした。

  






私たちが生きている この時代が
「氷河時代」 の 1つ
だと知って、

驚かれた方も
多いのではないでしょうか?


言うまでもない事ですが、
現在のような
「比較的すごしやすい間氷期」は、
長くは続きません。



私たちの地球が
次の 『 氷期 』 に入り、

今の人類の文明が
維持できないほどの
大ダメージを受けてしまう、

その日が来る前に…


どうか、人間の皆さん。

『 地球の生物たちが
生き残れるだけの
高度な文明 』
に、
辿り着いてください。


残されている時間は、
きっと もう、

それほど 多くはない
のですから…





[章の 目次 に戻る]