■ 滅亡の原因は、
『他天体からの影響』?(7/10)






そもそも、

アルファ・ケンタウリの
質量が足りない
んだよ。


「超新星爆発」
を起こすには、

最低でも、僕らの太陽の
8倍以上ぐらいの
質量が必要
なんだ。




だから、太陽より
ちょっと大きいぐらいの
アルファ・ケンタウリの最期は、

超新星爆発ではなく、

太陽と同じように
『 赤色巨星 』化
した後…




内部のガスを
付近に噴出して、

白色矮星が残る だけで
済むんじゃないかな?





他のことは いざ知らず、

「ゲーム」「天文」
についての
ふき の 知識は、
なかなかのものです。



かみねネック の視線に
こもった 「尊敬」 を感じて、

ふき は 照れくさそうに
頭をかいたのでした。

    





ちなみに、

ガンマ線バーストを
発生させるほどの
質量を持っていて、

かつ 地球に近い恒星
としては、

さそり座の 『 アンタレス 』、
オリオン座の 『 ベテルギウス 』

などが あります。




ただ、これらは いずれも
地球から 600光年以上
離れている
ので、

「ガンマ線バースト」の
影響も 軽微で済む…

考えられているそうです。




もちろん、

それぞれの恒星系は
それぞれの速度で、
この銀河系の中を
移動していますから、

長い年月の後には、

そうした危険な巨大恒星と
われわれの太陽系が、

50光年以内に
近づいてしまう
ケースも
考えられます…




しかし それは、

おそらく
何億年も未来の話
だとは思われますが…





今回の質問を始めた ふき も、

この回答を聞いて、

ようやく とりあえず、
ホッとしたのでした。









[章の 目次 に戻る]