■ 戦争による滅亡を、
いかに 回避するか?(3/4)






以前に 話し合った、

『 正義 と 悪 』
という要素も、

こうした問題の解決を
難しくしている
一因かもしれませんね。




正体は ただの
「 欲望 」 なのに、

本人にとっては『 正義 』

ですから、

「俺が正しい!」
「わたしのほうが正義です!」
と 言い合うばかりで、

どんどん問題が
こじれてしまう
のでは
ないでしょうか?





こうして あらためて
考えてみると、

人間の言動には、

DNA (生存本能) が
本当に大きく
かかわっており、


ふき は 驚くばかりでした。





うーん…

だとすると、

『 戦争による生物滅亡を防ぐ 』

『 戦争を起きないようにする 』
ためには、

どうすれば
いいんだろう?





ふきたちが
首をひねっていると、

ミューラー
こんなふうに
まとめてくれました。





まずは、

人間さんたち
お1人 お1人 が、

「事実」を受け入れること
大切なのではないでしょうか?


『 自分たちは
高度な大脳新皮質を
手に入れたけど、


まだまだ DNA に
振り回されることも
多いのだ 』


という事実を…




せっかくの 大脳新皮質を、

単なる 「自分の欲望」を
「正義」だと 妄信
したり、

「自己正当化」
( 自分が正しいと思いこむこと )
に 使っているうちは、

今後も いくらでも、
『 不毛な争い 』は
発生します。




そんな 不毛な争いが、

何かの間違いで
世界規模の全面的な大戦
に なってしまえば、

『 地球生物の絶滅 』
引き起こさないとも
限らないわけですから…





まずは、
僕ら人間 1人1人が、

「 自分たちの ちっぽけさ 」 を、

プライドを捨てて 受け入れる

ことが大切…

てことか。





ふき は、
自分たち人間が、

「 地球の表面に
へばりついている
極小生物 」

であること、

あらためて
思い出すのでした。


  






[章の 目次 に戻る]