■ 環境破壊・自然災害・
パンデミック による滅亡を、
いかに 回避するか?(2/5)






でも、実際には、

地球環境が変化して、
動植物のバランスが
崩れてしまうと、

連鎖的に多くの生物が
絶滅に近い状態に
おちいります。



もちろん、

人間さんたちの社会も、
大変なダメージを受ける

ことになるでしょう…




そのとき、はたして
人間さんたちは、

今の文明のレベルを、
保つことが
できるでしょうか…?


それが、
私は心配なのです…




文明のレベル …

ですか?





意外な言葉の登場に、
ちょっと戸惑う かみねたちに、

ミューラー は うなずき、
話を続けます。




はい。 以前にも
お話ししましたが、

人間さんの すばらしさは、

文明的な 『 社会 』を
作れるところ
にあります。




社会という構造を通じて、

お互いに 知恵を出し合い、
協力し合うことで、

あたかも、
1つの高度で巨体な
生物のような
知能や力 を 発揮
する…




それこそが、

ふきくん を はじめとする
人間さんたちが、

地球最高の生物として
君臨できている理由

だと 思っています。





「地球最高の生物」
と 言われて、

ふき は 照れくさそうに
頭をかき…


ネック は、
「いやいや 買いかぶりすぎ」

お笑い芸人の
ツッコミ側のように
前足を左右に振りました。

  






[章の 目次 に戻る]