■ 環境破壊・自然災害・
パンデミック による滅亡を、
いかに 回避するか?(4/5)






んー…


てことは、

人間どもは
どうすればいいの?




ネックが、人間に対して
変な上から目線で、

ミューラーに たずねました。




まずは、

『 地球に対する
自分たちの圧倒的な
ちっぽけさを、


深く自覚すること 』…




そして、

『 そのちっぽけさを
補うために、


本当の意味で 他者と
協力しあう必要性を、
深く認識すること 』…


ではないでしょうか?






考えてみれば、

日々、「ゴミの分別」
などをして、

地球環境に貢献している
ような気になっていた
ふき でしたが…



先日、ネックたちに
勘違いを指摘された通り、

それは 「地球のため」 ではなく、

回り回って
『 自分たちが生き残るため 』
にしていることです。






しかし、地球の環境や自然は、
人間に比べて 信じがたいほど
圧倒的に巨大
で、

人ひとりでは もちろん、

全ての人類が
団結できたとしても、

完全に対処できるかどうかは
怪しいほどです…




でも、

その恐ろしさを
本当の意味でキチンと
理解できている人間
が、

はたして、この世の中に
何人いるでしょう?



    






[章の 目次 に戻る]