■ 氷河期・天体衝突 による滅亡を、
いかに 回避するか?(2/3)






現在の人間さんたちの
「科学力」などを考えれば、

少なくとも、

今後 何万年か以内に
来る可能性のある
『氷河期(氷期)』

については、

「生物絶滅」は、
なんとか 回避できる

私自身は考えます。




しかし、

いつの日か起こる
可能性のある
『比較的 大きな小惑星
などによる天体衝突』
は、

その壊滅的な
被害から考えても、

『地球上にいるかぎり、
まず 絶滅は回避できない』


と 考えて
間違いないでしょう…




ふき は、先日の、

「6500万年ほど前に、
巨大隕石衝突によって、
生物が絶滅寸前まで
行ってしまった話」


を 思い出すのでした…






この地球は、

あたたかく優しく、

私たちを はぐくんで
くれています。




しかし、ひとたび
その表面に 異常事態
発生してしまうと、

「あたたかい生活の場」は、
『逃げ場のない鳥かご』
なってしまうわけです。





という事は、

「戦争」の回避や、
「地球の環境」の安定化にも
僕ら人類が成功したら、

次に やるべきことは…

『 宇宙開発 』ですね!?




ふき の 言葉に、

ミューラー
深く うなずきました。




その通りです。

「地球の上に 逃げ場が無い」
のなら、

地球以外の場所に、

あらかじめ逃げ場を
作っておけば良い
のです。




現時点でも
人間さんたちは、

「宇宙ステーション」
などの形で、

短期間とはいえ
地球外での生活を可能にして
いらっしゃいます
から…




それを さらに
発展・拡大させて、

地球と同じような環境を、

宇宙空間や、
近隣の衛星・惑星上に作る

ことができれば、

私たち生物の 存続の可能性…

「DNA の存続」の可能性
も 出てくる
のです!






[章の 目次 に戻る]