■ 太陽・他天体の影響 による滅亡を、
いかに 回避するか?(4/6)






ふき
話を聞いていて、

気が遠くなってきました…





故郷「地球」を離れ…

太陽系内を渡り歩き…


その太陽にも別れを告げて、


他の恒星系に
旅立っていく
のが、

未来の地球生物の
宿命とは…





まあ、人間だって
「お引っ越し」
するものねぇ。


ふき だって
地方から出てきて、

この街に住むように
なったんでしょ?




言われて、ふき
うなずきました。


この街の
ゲームメーカーに
就職したのがキッカケで、

ふき は 地方から
引っ越してきたのです。




あたしも、
あの公園に捨てられた
ばっかりのときは、

たしかに ちょっとだけ
怖かったけど、

この 美貌 があったから
人間どもに好かれて、

けっこう気楽に
暮らしてこれたもんね。




「引っ越し」
たしかに不安だけど…

ま、心配も しすぎるな
ってことよ。




ネック
そんなふうに言われると、

『太陽系を離れる』
という大変な事態も、

やってみれば何とかなる
ような 気がしてくるから、
不思議です。






あれ?

でも ネック は、

どうして
ふき が 地方出身者」だと
知っているのでしょう?



ふきは たしか、
彼女に話したことは
無かったはずですが…






ふき が ちょっと
首をかしげていると、

ミューラー が、
太陽系を離れる件について、

具体的な説明を
はじめました。








[章の 目次 に戻る]