■ 太陽・他天体の影響 による滅亡を、
いかに 回避するか?(5/6)






他の恒星系に移住
するとき、

最も問題になるのは、
その『距離』です。


先日も お話ししましたが、
太陽のすぐ お隣の
「アルファ・ケンタウリ」
ですら、

光の速さで
4.3年も かかってしまう

ほど離れています。





これは つまり、

「スペースシャトル」のような、
現在の 地球の宇宙船を
使用した場合で、

(最大速度 秒速 7.7km
時速にして 27,870km)


16万 6700年 もの
年月を要する、

とんでもない旅路になる
ということです。




ぐえっ!!




ふき
意識が遠くなりました。



先日は、
2つの星の間に広がる
長い距離
のおかげで、

「恒星同士の衝突の危険性が
ほとんど0に等しくなる」

ことに 安堵したものですが…



逆に 『移住』という
視点で見たとき、

今度は その絶大な距離が、

あまりにも あまりにも
大きな壁として

立ちはだかって
しまう
のです…




16万年以上
かかってしまうなんて…

私たち「神さま」の寿命でも
ぜんぜん足りませんね…




数字のあまりの巨大さに、
真っ青になってしまった
かみね に、

ミューラー
説明を続けました。




もちろん、

人間さんたちの科学力が
どんどん向上していけば、

いつかは
「亜光速 宇宙船」
の 実用化にも
成功することでしょう。


そうすれば、

他の恒星系への移住も、
より現実的になる

思われます。




「あこうそく うちゅうせん」

何よそれ、ミューラー

あんたの言葉は
難しすぎんのよ。




し、失礼しました。

「亜光速 宇宙船」
とは つまり、

光速(秒速 約30万km)と
同じぐらい速く
飛行できる宇宙船

の 事なのです。






[章の 目次 に戻る]