■ 100% 無くなる、この宇宙(5/10)





『宇宙の寿命』!!?

そ、そんなものが
あったのですか !??




悲鳴のような声をあげた
かみね と、

絶句している ふき に、




ミューラー
深く うなずきました。




はい…

ただし、
「寿命」といっても、

この宇宙自体が
消滅してしまうわけでは
ありません。




遠い未来に、

この宇宙の中の
エネルギーが、


「空間全体に拡散」
してしまう
のです…




「エネルギーの拡散」

というと…??




たとえばですが、ふきくん。

「水のタップリ入った
バケツに、

赤いインクを1滴、
ポトリと落とした」

とします。


すると、インクは
どうなるでしょう?




ミューラー の 唐突な質問に、

ふき は、しばらく
ナナメ上を見つめた後、

こう 答えました。




バケツの水全体に
インクが広がるから…

「ものすごく薄ーい
ピンク色の水ができる」…


んじゃ ないですか?




ミューラー が、

ニッコリと
うなずきました。




その通りです。

水に落とされたインクは、
水全体に拡散
していき、

最終的には
ほぼ一様になって
安定します。




なぜ、そうなるのか…


それは、この世の
あらゆる物事が、

「規則正しく」「1点に集中」
しているよりも、

「ランダムに」
「まんべんなく存在」

している状態へと、

自然に移行していく
ものだからです。




このような流れを、
難しい言葉で、

『エントロピーが
増大する』

と 表現します。






[章の 目次 に戻る]