■ 100% 無くなる、この宇宙(8/10)





ふきたちの絶叫に、

ミューラー は 寂しそうに
うなずきました。




残念ながら、
そうなのです…


そして、
「新しい星が生まれない」
という事は、

新たな
「エネルギー(熱)の発生源」
も 生成されない

という事です。




当然、

そのような空間内で
活動できる生物など
皆無
であり…


これは もう、

事実上の『宇宙の死』
と 言えるのでは
ないでしょうか?




これこそが、
現代の 一部の人間さん…

天文学者 や
物理学者たちが
予言している、


遠い未来の、
私たちの宇宙の姿

なのです…





    


もはや、
呆然とするばかりの
ふきたちに、

ミューラー
続けました。




私たちの宇宙は、

『ビッグバン』
と 呼ばれる現象を起点に
始まったと言われています。


何も無い1点から、

突然 信じがたい
高エネルギーが噴出し、

「宇宙」として
拡大を始めた
のです。




それは まるで、

広い池の真ん中に、
石が投げ入れられた
ようなもの
です。


石がドボンと
着水したところを中心に、

いくつもの波が発生し、
輪のように広がって
いきますが…




やがて それらの波は、

お互いに干渉しつつも、
少しずつ弱くなり、

いつかは また、

波のない静かな水面に
戻ってしまいます。




「私たちの宇宙」も また、

ビッグバンによって
もたらされた
超々々エネルギーが
空間内に広がりきり、

波打っていた池の水面が
静まるように、


冷たく停止していく
のだと思います…




    






[章の 目次 に戻る]