■ あたしの『お父さん』(6/7)
『ネックの 以前の飼い主の、その後』





ネックさんの
お父さん
は、

病院などで ご家族に、
ときどき 話されて
いたそうです。


『別れてきた仔猫の様子を
見に行きたい』
… と。





もちろん、
お孫さんの前では、

そうしたことは 一言も
おっしゃらなかった
ようですが…





ネックさんを
公園に置いてきたのは、

お孫さんの
「猫アレルギー」

理由ですからねぇ…





ミューラー が、

世の中の難しさ
痛感しつつ、

しみじみと
つぶやきました。






ただ、

ご病気の
おじいさん ご本人は
もちろん、

日々の お仕事が
忙しかった
息子さん ご夫婦にも、

遠方の ネックさんの
様子を見に行くことは
困難
で…





そうこうするうちに、

おじいさんが
お亡くなりに
なってしまった…



という事で
あったようです。







話し終えた かみね は、

ちょっと心配そうに
ネック の 顔を
うかがいました。


ふき と、ミューラー も…


    










[章の 目次 に戻る]