■ あんた、「霊」なんか
信じてるんだ?(4/10)

『霊・あの世・生まれ変わり の矛盾』





これは 盲点 でした。

  



「A でなければ、B である」
「B でなければ、A である」
といったふうに

「2パターン」
考えてしまいがちですが…



よくよく
考えてみれば、

『Aでも Bでもない』
(AもBも 証明できない)

という
「第3の状態」
あることを、
ウッカリ忘れておりました。





「存在を証明できない」
からといって、


必ずしも それが、
イコール「存在する」
になるとは 限らない

わけです。








さらに 言えば、

『霊現象』を信じる人々は、
アレコレと
「自分の体験談」
語りますが…


それらは あくまで、
「本人が、体験したと
主張している」

だけに過ぎません。





そのような
「客観性の無いデータ」
いくら集まっても、

まったく 証明には
ならない
のです。





むしろ、

その人が 何かの
『見間違い』をしたか、

『意図的に ウソをついている』
と 考える方が
自然でしょう。






たしかに…


「○○を見た」
周りに主張することで
自分に何らかの
『得』が発生する人
なら、

多少 ウソを交えてでも
『○○を見た! たしかに見た!』
と 主張し続けたとしても、
なにも不思議はありません。





それは、

以前に 皆で
『損得』や『善悪』について
深く話した経験

を持つ ふき には、

バカバカしいほど
クッキリと
理解できるのです。









[章の 目次 に戻る]