■ あんた、「霊」なんか
信じてるんだ?(4/7)

『霊・あの世・生まれ変わり の、
理論の穴』





また 中には、

『霊能力が無い人には、
霊は感知できないのだ』


などと 言う人も
おりますが…





『他人は、自分より
劣っているから、
霊を感知できないのだ!』

という 考え方自体、

ちょっと
都合が よすぎる
というか、

「我田引水」
が 過ぎますよね…





ミューラー は、
そう言って 苦笑し、


  


さらに、
こう 続けました。






ちなみに 最近では、

『レビー小体 認知症』
といった

「幻覚・幻視」が見える
病気
の 存在も
判明してきています。





つまり 彼らは、

決して ウソをついている
わけではない
のですが…


『深刻な 病気』
が 原因で、
「ありもしないもの」が
見えてしまっている

という、

ちょっと怖い可能性が
浮上してきたわけです。






ふき は、

学生時代の級友 や、
自分の会社の同僚 の中に
たまに いた、

『自分、(霊が)見えちゃう
人なんですよ〜』
などと、

口走っていた
人たちのことを
思い返していました。






彼らが、
ちょっと自慢げ
語っていた『霊能力』が、

実は、

「自分を立派に見せたいが
ためのウソ」
であったり、

「深刻な病気の、症状の1つ」
だったのでは…?
と 思うと、


腹立ち と、

なんともいえない
同情 が わかずに
おれないのでした…








それにですね…



ミューラー
腕組みをして続けます。




もし 仮に

『生まれ変わり』
というものが
実在したとしても…


それが一体、
何の役に
立つのでしょう?





は??

  




キョトンとしている
ふきかみね に、

ミューラー
さらに こう続けました。








[章の 目次 に戻る]