■ あんた、「霊」なんか
信じてるんだ?(6/10)

『生まれ変わりは、古臭くて無意味な
欠陥システム』






それにですね…



ミューラー
腕組みをして語ります。





もし 仮に

『生まれ変わり』
というものが
実在したとしても…


それが一体、
何の役に
立つのでしょう?






は??

  




キョトンとしている
ふきかみね に、

ミューラー
続けました。





仮に、

本当に 生物が死ぬたびに
「生まれ変わって」、
別の生物になっていた

とします。


ちょうど 人間さんが、
古い自動車を、
新しい自動車に
乗り換える
ように…





でも、

そうやって
「肉体」を 乗り換えつつ
「霊魂」が 生き続けていた

としても、

そんなものは
まったく 無意味
だと思うのです。





なぜなら、

『生まれ変わるたびに、

前世で積み上げた
経験や知識が、
毎回すべて「リセット」
されてしまい、

来世に まったく
反映されていない

からです。






た、たしかに!!

  



地球上には
何10億人 もの人間が
常に あふれているのに、

その人たちの中に、

『オレ、前世の記憶が
残っているから、

生まれて すぐにでも
大学をパスできるし、

何なら、すぐに
就職してもイイぜ〜?』


みたいなことを
言っている人を、

いまだ かつて
見たことがありません。







[章の 目次 に戻る]