■『 感謝されたい症候群 』(13/14)





ただ…

コンピュータや
インターネットは
まだしも、

『 筆記用具 』 や 『 食器 』 は、
太古からある
偉大な発明だけに、

最初に作った人も不明です。




われわれが
『 感謝 』 を 伝えたい、

その 偉大な先人の名前が
分からない
というのは…


考えてみれば、

とても 寂しいことですよね…





ミューラー の 言葉に、

ふき も しんみりと
うなずきました。



「ありがとう」 を
伝えるべき相手が分からない

というのが、

こんなにも、
寂しい気持ちを
わかせるものなのか…

というのは、

ふき に とっても
本当に意外な
「発見」 でした。







そんな寂しそうな ふき に、

ミューラー
こう続けました。




ところで、ふきくん。

私が先ほど口にした
『 おもしろい偶然 』 とは…

まさに その、
『 発明者が誰か分からない、
偉大な発明の1つ 』

について なのです。


つまり… 『 車輪 』 ですね。





…え!?

『 車輪 』??




そういえば、

以前にテレビか何かで
聞いたことがあります。


「車輪」 は、
紀元前 3000〜4000年
のころに発明され、

それによって、
運搬の労力の負担が
大幅に軽減
し…


その後の文明を
大きく前進させた、
「偉大な発明の1つ」である


という話を。




「 誰もが感謝すべき、
歴史的発明品 」


同じ あだ名を
お持ちの ご友人が、

ふきくんと
「 感謝 」 について
話し合った…




偶然といえば
それまでですが、

私は なんだか、

とても不思議で、
うれしい気持ち

なったのです。







[章の 目次 に戻る]