福本伸行
『 賭博破戒録カイジ 』




前作で残ってしまった
借金 が 膨らみ、

金貸し「帝愛グループ」から
取り立て不可能と判断された
主人公の青年『 カイジ 』は…


借金の返済のため、
帝愛グループに 誘拐 され、

彼らが運営する
地下の工事現場
働かされることになります。



そこでは、カイジ同様に
帝愛グループの借金を
背負った人々

コキ使われているのですが…


外界から遮断された
劣悪な密閉空間 のため、

ここの労働賃金で
借金を全額 返すどころか、

早ければ数年で
命を落とす者も多い

地獄だったのです。



しかし、そんな底辺の
人々の中にあっても、
『 搾取する者と、される者 』
の 構造は存在し、

カイジも また、
「班長」の陰謀
(チンチロリン賭博)によって、

わずかばかりの給料を
吸い上げられていく

のでした…



そんな ドン底の
さらにドン底の状況で、

希望も持てないまま、
地下作業場の日々を
過ごしていたカイジ…



ところが ある日、

借金仲間である
青年「三好」がメモしていた
チンチロリン賭博の記録
何げなく目にした途端、

そのデータが示す
「班長が仕込んでいた
ある工作」
に気づき、
怒り爆発!



この瞬間から、

己の停滞した日々を
激変させるべく、
『打倒 班長』
『借金完済』
『地底脱出』
に 挑む カイジの戦いが
幕を開けるのでした。








個人的に、
『カイジ』シリーズは、

この『 破戒録 』
1つの頂点に達した
ように思えます。


全体としての
面白さ疾走感

終盤に向かって収束していく
伏線の見事さ など、

その充実ぶりには
屈指のものがあります。




前作とは やや異なり、

カイジが ほとんど
情報を持たないまま
1発勝負するのではなく

『 事前に誰かの失敗があり、
そこから 敵の仕掛けを研究し、
可能なかぎりの下準備を
した状態で リベンジする 』

という流れも、

読者に
「推理する」楽しみ・深み
を 提供しています。



福本作品ならではの、
全編に散りばめられた
アフォリズム(格言・警句)
も 秀逸で、

日常の中で
つい忘れてしまいがちな
『生きる』ことの本質を、

ときに荒々しく、
ときに重く、

ズン!と、読み手の胸に
響かせてくれます。




一部に 納得のいかない要素
(たとえば、換気口にあけた穴は、
その工事の音で
敵にバレるのでは? など)
があったり、

終盤の、どこどこまでも続く
カイジの攻撃に、
やや間延び感もありますが、

総合的には
胸を張ってオススメしたい
名作です。




とりあえず、
まずは「1巻だけ」
読んでみてください。


それで
ピン!と来るものがあれば、

必ずや 最終巻では、
心地よい達成感に
巡り合える
ことを
保証いたします。








■【Amazon への 商品リンク】
(2019年 04月 19日 作成)


★下記リンクから、Amazon
『賭博破戒録カイジ』単行本の
商品ページに
飛ぶことができます。



★ただ 残念ながら、
『賭博破戒録カイジ』自体が
20年ほど前の作品であるため、

最近は 新品が品薄で、
中古しか取り扱いがない
場合もある
点です。


中古品の中には、
質の低い物も存在します
から、

中古業者の評価などを
シッカリと確認の上

購入を検討されることを
お勧めします。


あるいは、『 Kindle版 』
購入を検討するのも、
アリかもしれません。













[「漫画」の 目次 に戻る]