■ 物語の概要

執筆日 2018年 08月頃   最終更新日 2020年 01月13日


このサイトで 語られる話は、
だいたい 以下のような流れに なっています。


 ■0章〜2章
 『 われわれが日常 感じている、
 「しあわせ」の 再確認 』

★序盤では、私たちが日常の中で
「しあわせ」と感じる さまざまな要素
についての 再確認 や…
その「常識」を あえて疑ってみる
ことから始めております。

どちらかと言えば、
市販の 自己啓発本 などでも
見られるような話が中心
ですから、

「そういうのは、もう大体 分かっている」

「それよりも 早く、
このサイト独自の話を聞きたい」

と おっしゃられる方は、

『 第3章 』あたりから読みはじめてみる
ことを お勧めいたします。

★そして、興味を持っていただけましたら、
後日 0章 〜 2章も、ぜひ ご覧ください。

ふきくん の 家に来たばかりの頃の、
ネックさんの日々
も、
そこでは 語られておりますから…


  0章 『 白猫ネック と 出会った日
  1章 『 オレって、しあわせ!!
  2章 『 それって、しあわせ?



 ■3章〜7章
 『 「しあわせ」の正体は、
  DNA の『生存本能』 』

★生物が「しあわせだ!」と感じる
心の正体は、
実は あたしたちの中の『DNA』

そこから生まれる『 生存本能 』に
左右されてるだけだ…
って 言ったら、

あんたたちは ビックリしたり、
怒り出したり
するかもしんないね。


ま、とりあえず 話だけ聞いてみてよ。

「自分の しあわせの感じ方」どころか、
『損得』や『善悪』とかも、
生存本能で説明できる
なんて話、

あんたは 信じられる?


3章 『 では、しあわせの「正体」とは?
4章 『 生存本能で「しあわせ」を考える 1
5章 『 生存本能で「しあわせ」を考える 2
6章 『 自分を本気で大事にしたとき、
    はじめて「真理」が見えてくる
7章 『 ふき の 悟りと、ネック の 告白



■8章〜10章
『 100% 無くなる、この宇宙 』

7章までの お話を通して、
『 しあわせや 生きる意味の、正体 』
を 知った私たち…

でも この世には、それを 無にしてしまう、
「生きる意味」の対極に位置するもの
が、
存在します。

『 わたしたち生物の、滅亡 』です。


この、映画や漫画・ゲームなどの中にしか
存在しないような現象が、

実は ものすごく「身近」で、
『将来的に確実なもの』である

ことを、皆さんは ご存知でしょうか?


 8章 『 100% 無くなる、この宇宙 1
 9章 『 100% 無くなる、この宇宙 2
 10章 『 ふき と ネック の真実



 ■11章〜12章
 『 いつか 辿り着くために 』

★ ある意味、『生まれながらにして、
「生きる意味」を否定されてしまっている』

ような、僕たち生物

そんな僕たちに、
『生きるべき目的』や『やるべき何か』が、
本当に あるのだろうか…?


最終となる これらの章では、
『では我々は、今後 どうやって
生きていけばいいのか?』

について、可能なかぎり追求してみます。


★そして いよいよ僕は、
『皆との 別れのとき』
迎えるのです。


11章 『 人間は、地球最後の はかない希望
12章 『 いつか 辿り着くために



[index に 戻る]