■『恋人』がいるから しあわせ (1/4)





愛こそ 全てなのです…





そんな J-POP の
歌詞のようなセリフ
を、

キラキラお目々で語る
ふき でしたが…




ネック は、そんなことより、
さっきからの 耳のかゆさ
ガマンできなくなり、

後ろ足で自分の耳を
かくのに夢中で、

ふき に、目すら
合わせてくれません…















ふぅ、 お待たせ…


何が全てだって、ふき





10分近く待たされて、

半泣きになっていた
ふき でしたが…





ネック の手(足?)が
空いたのを見て、

ようやく 先ほどの元気が
よみがえってきました。





愛ですよ、愛。

エル オー ブイ イー、
『ラブ』!



人は、愛するために
生まれてきたのですっ!





もちろん このオレにも、
世界でたった一人の、
かけがえのない
彼女が います!


彼女と一緒にいると、
『 自分は世界一の幸せ者だな〜 』
という実感が
湧いてくるんですよっ。


なにしろオレは、

彼女と出会うために
産まれてきましたからね!







つっこむべきか どうか
悩んだ ネック でしたが、




ここは まあ、

スルーしておくことに
しました。






[章の 目次 に戻る]