サイト『生きる意味の「正体」教えてやるにゃー』
第2章『それって、しあわせ?』
頭脳明晰トンビ「ミューラー」


■ 頭脳明晰トンビ
「ミューラー」(1/3)


『神通力で、
人の思考を得たトンビ』


執筆日 2013年頃   最終更新日 2019年 12月30日





ある日 突然、

海辺から
ふき を たずねてきた、
トンビの紳士「ミューラー





ただ、このトンビ、

白猫ネック と、
何やら かかわりが
あるようです。





『依頼主』って…


ネックさんと
ミューラーさんって、

一体どういう 関係なの?




ミューラー が 口にした
「不可解な言葉」の意味を
ふき が たずねると…


トンビ紳士の 答えは、
こうでした。





簡単に 言いますと、

私は ネックさんの
「お手伝い」
をするために、

こちらに
うかがったのです。





私を派遣した
キツネの おじいさん
お話に よりますと、

ネックさんは、

『生きる意味』
『しあわせ』
といったものを、

「直感的に」とてもよく
理解されている
のですが…





それを 第三者に…

たとえば
ふきくん などに、

「理論的に」説明するのは、
やや苦手としている

そうなのです。





こーゆーのを 人間は、
『天は 二物を与えず』
って 言うらしいね。


「かわいく」
生まれちゃった分、

難しいこと話すのが
どーも苦手
なのよ、あたし。





「相手への 思いやり」とか
「丁寧な 話し方」とか、

「かわいさ」の代償に、
ずいぶん 色んなものを
欠如
させて


ネックさんを
生んだんですねぇ、
「天の神さま」とやらも…





…と 言おうとした
ふき でしたが、

ネック の『するどい爪』が
怖かったので、

グッと こらえて
スルーしました。








そうした経緯で、

一介のトンビでしか
なかった私が、

キツネの おじいさん から、

『人間さんたちのような
高度な思考能力』
を、
与えていただき…





さらに その後、
人間さんたちの「社会」や、
各種知識についても、

みっちりと「勉強」
させていただいた
上で、

今日 こうして、
ふきくん の お宅に
おうかがいした…





…というのが、

事のイキサツ
だったのです。





そういえば、

さっきから ときどき
話に出てくる、

「キツネの おじいさん」
っていうのは…?




ふき の 疑問に、

今度は ネック
答えました。




あたしが暮らしてた
あの公園に、

小さな「お社(やしろ)」
あるんだけどね。





そこで 何100年も
生きてるらしい、

『キツネみたいな姿の、
なんか よく分からない奴』

のことよ?





『神通力』(じんつうりき)
とかいうので、
願いを叶えてくれたり

するんだけど…


けっこう ケチ なのよ、
あの ジジィ



  






[章の 目次 に戻る]