■「若さ」は、宝くじ と同じ(1/4)





まず、あんた ご自慢の
「若さ」だけどさ、ふき


あたしには、なんで
『 若い = 幸せ 』なのか、

さっぱり
分からないんですけど?





ふき にとっては
むしろ、

ネック
この疑問の意味のほうが、
さっぱり分かりません。





だってさ、
「若さ」だよ 「若さ」!!

若さは
『 無限の可能性 』
秘めてんだよ!

若さ だけは、
どんなに お金もってたって
誰にも買えない
じゃん!!





ネック は、
小さく うなずきました。





「若さは、お金では買えない」…

て ところは、

あたしも
その通りだと思うよ?





でもさ。

『 若いから、年配者よりも
無限の可能性があって、
すばらしい 』

てのは、違くない?


あたしに言わせりゃ、
「若さ」って、

『 宝くじ 』と 同じ
だと思うんだけど?






この言葉に
カチンときた ふき は、

口の脇から
ツバの泡を吹くほど怒り、
わめき出しました。






ふき にとっては、

『 若さ = 無限の可能性 = すばらしい 』

という箇所こそが
重要だったのに、


それを 「宝くじ」などと
意味不明な言われ方を
したので、

頭に 血がのぼって
しまったのです。





この後、詳しい説明に
入ろうとしていた
ネック でしたが、

ふき の この姿に
あきれて、


「チッ」と 不快そうに
舌打ちして、
横を向いてしまいました。








それを見て、

ちょっと あわてて
捕捉を 買って出たのは、

新たに 議論に加わった
トンビ紳士、
ミューラー でした。








[章の 目次 に戻る]