サイト『生きる意味の「正体」教えてやるにゃー』
第2章『それって、しあわせ?』
『若ければ』、本当に幸せ?


■『若ければ』、
本当に幸せ?(2/2)


『ハズれることもあるのが
「宝くじ」』





そういうことよ? ふき

あんたは さっき、
お年寄りたちを
バカにしてたけど…





あの人たちにも
「若い頃」があって、

その当時、あの人らなりに
やるべき事やって、

その結果として、今、
『お年寄り』って呼ばれる
年齢になってるだけのこと

なのよね。





たしかに、
お年寄りって、

「若者」に 比べれば
残りの人生も長くないから、

今後「さらに」成功したり、
実績 残したりとかは、
難しい
かもしんないけど…





そもそも、
あの人たちの大半は、

『 すでに 』
大なり小なり成功を…
「結果」を 出してんだかんね?



あんた、
それ ちゃんと 分かってて
言ってんの?





ふき は 何も
言い返しませんが、

その表情を見れば、
「分からずに 言ってた」
のは 明白でした。

  





もちろん、
「成功」「結果」って
言っても、

大半の人は
「宝くじで言えば、
一番安い 100円 か 200円
ぐらいの 当り」





世の中 全体から見れば、

『信じられないぐらい
ちっぽけな成功』

なんだとは 思うよ?





だから、今の 若い人…

たとえば ふき なんかは、

『オレは あの人たちみたいな
くすぶった人生じゃ、
終わらないぞ!』


『あんなふうには
なりたくないねぇ』


みたいに感じて、
そういう人たちを
あざ笑う んでしょうけど…





あんたが将来、
『あの人らを 超えられる』
って保証
は、

実は どこにも無い
あたしは思うんですけど〜?








ショックを受けた
ふき の 頭の中では、

先ほどの ミューラー の、
『 ハズれる可能性も
あるのが、宝くじ 』

という言葉が、

ゆわんゆわん と
リフレインし続けています。





そんな あんたが、

なんで お年寄りを
バカにできるわけ?





のぼせ上がんじゃ
ないわよ!


今後 いくらになるかも
分かったもんじゃない
「宝くじ」…

『 ただの 紙切れ 』
の 分際で!



  



【下へ 続きます】



【広告】

 



『生物の価値は、
「その生涯で、何を なしたか」
にこそ ある』





「無限の可能性」から、
『ただの 紙切れ』
降格された ふき





なんとも 前途多難な
すべり出し

なってしまいましたが、

彼は ここから、
盛り返せるのでしょうか?


はてさて…






ちなみに、

この討論の 本題(幸せ)とは、
直接は 関係ないかもしれませんが、

ミューラー が、
こんな提案もしていました。





「若者と お年寄りの 実力」

そのまま比較するのは
難しいですが…





たとえば、
「その お年寄りの若かった頃」と、
「今の 若い自分」とを
『同年齢』で 比べれば、


いくらか フェアな比較に
なるかもしれませんね。





もちろん、
時代背景 などによっても
異なってくるので、

「厳密な比較」は
そもそも無理な話

なのですが…


指標ぐらいには なる
ように 思うのです。



  





『若さ』ってやつは
あくまで「可能性」で、
「価値」そのものじゃない
ってこと、
忘れんじゃないわよ?


あと、そんなに「若さ」が
素晴らしいってんなら、
赤ん坊の時点で
自殺しなさい
よ。

「若さ=価値」ってことは、
『年齢が上がること=劣化』
に なっちゃうんだからさ。




あと1点、
憶えていてほしいのは…

「若いことが 必ずしも、
すばらしいとは 限らない」

のと 同様に、

『年齢の高い者が 必ずしも、
立派とも かぎらない』

という事実です。


私は「生物の 価値」は、

『その生涯で、
世の中に 何をなしたか』

の 総決算によって
計られるべきものだと
思っています。


「生きた時間の 長短」は、
無関係
なのです。


【下へ 続きます】



【広告】

 





[章の 目次 に戻る]