■ しあわせを『無限化』
してみよう(1/3)

『かみね 号泣』


執筆日 2018年 03月頃   最終更新日 2020年 01月05日





『一人前の 神さま』
なるために、

ネックミューラー
監督・サポートする…



そのために まずは、

ふき が、彼らとの話し合いを
どう感じているか?」
を 確認するべき
と、

かみね は 考えました。




やっぱり
重要なのは、

『 顧客満足度 』の
把握
ですよねっ




胸をはって そう言う
かみねスマホの画面には、

『尊敬される 上司』
『管理職 初めて』


などの言葉で
ネット検索された画面が

開きっぱなしに
なっていましたが…

  





そこで ふき は、
かみね に、

ネックミューラー との
話し合いの中で、

自分が 自信を持っていた
数々の「しあわせ」を
全否定
されて、

ショックというか、
悲しくなって
しまいましたよ〜


といった感想を、

やや 大げさに
語って聞かせました。







実のところ
ふき としても、

決して、ネック
ミューラー の 話が
分からないわけではなく、



むしろ、

彼らと暮らす日が
積み重なっていくにつれて、

少しずつ
「今までの 自分自身」への
疑問も わく
ように
なって来ていたのですが…




なにしろ 連日のように、

2匹に ほぼ一方的に
ケチョンケチョンに
言い負かされてきたので、

ちょっと ウップンが
たまっている所もあった

のです。







すると…


話を聞いている
かみね の 目に、

みるみる 涙が
たまっていきました。


  






ヒドいっっ!

ふきさん が
心から大切にしていた
「しあわせ」を、

2匹がかりで否定
するなんてっ!





こんなの まるで
イジメ じゃ
ないですかっ!





突然、かみね
激怒 & 涙目 になられ、

ミューラー
ショックを受けてオロオロ…

ネック は、「けっ」
ウザそうな顔で
舌打ちをしました。

  






わたし…

ミューラーさん だけは、
信じていたのに…




かみね としては、

ミューラー が、
ふき の家に来る前に
下準備として おこなっていた

『人間についての勉強』
付き合っていた
こともあって…


裏切られたような
気持ち
になって
しまったのでしょう。





あたしは
信じてないんかい…



ネック は、かみね の、

ミューラーさんだけは」
という部分に、
怒り顔ですが…






[章の 目次 に戻る]