■ それでは、
『しあわせ の 正体』
とは…?(3/3)


『しあわせの 正体、
それは
「DNA」と「生存本能」』





生物にとっての、
全ての「しあわせ」の正体


実は それは、
ネックさんの
おっしゃられる通り、

生物自身が
「生きのびれて うれしい」
と思える、あらゆる物事

に 対して、抱く気持ち…

つまり…





つ、つまり…?





「しあわせ」の正体 とは、

『 己の DNA の
生存確率を向上させる
あらゆる事象のこと 』

だったのです。







ふき は、トンビ紳士の顔を
ポカーン… と
見つめていました。




み、ミューラーさんは、
今、何だって??


DNA が なんとか… とか、
生存確率 が どう… とか、



え? なに? なんの事???








あの、その…
ミューラーさん。

わ、わたしにも分かる言葉で
説明していただけませんか…?

「DNA」が なんとか… とか、
「生存確率」が どう… とか、

む、難しすぎて…





茫然としている ふき
代弁するように、

彼の抱いた疑問を、
かみね が 正に そのまま、
口にしてくれました。





ミューラーも、

自分の言葉が
いささか難解だったことは
自覚していたようで…


かみね の 言葉に
力強く うなずくと、

こんな説明
始めたのでした。




  





『 しあわせの 本質 』…
『 しあわせの 正体 』…


そのカギを握る
『 DNA 』
『生存本能』

とは、

いったい
何なのでしょうか??


お待たせをいたしました。

次の章では いよいよ、
『私たち生物の
価値観の正体』

について、

お話を進めさせて
いただこうと思います。





[章の 目次 に戻る]