■ ネックの望んだ 2つ目の願い(2/7)






ネック は 足を止めて、

頭上に広がる
木々の枝の群れを
ちょっと あおいで、

答えました。





あんたも ヒマそうだねぇ、

じいさん





ネック に 声をかけてきたのは、

かみね の 師匠でもある、
「キツネの おじいさん」 です。







この小さな林の中にある
「 名もない、小さな社 」
から生まれた、

精霊というか、妖怪というか、

よく分からない生き物 です。



見た目は、老いたオス狐 で、

神社の人が着ている服を
キツネの体格に合わせたような
ものを、身にまとっています。




本人にもハッキリとは
分かりませんが、

もう、この社とともに、
400〜500年ほども
生きている
のだとか…




3年前ネック は、

この公園に捨てられて
すぐの頃に、

たまたま この小さな社の
鳥居をくぐったところ…



「ここを訪れた 800万匹目の動物」
ということで、

『 3つの願い 』 を
かなえてもらえる
という

ラッキーを授かりました。




そして ネック は、
1つ目の願いで、

『 人間と同じような、賢い脳 』

を もらいます。









そのおかげで ネック は、

最初は警戒していた
人間たちに対しても、

彼らの中の 「好意」 が
分かるようになり、

少しずつ 打ち解けていきました。



そして 今では、
他の猫たちと同じように、

近所の人間たちに
世話をしてもらいながら、

気ままなノラ生活を
送っているというわけでした。






もちろん、

『 自分が人間と同レベルの
思考ができる 』 ことは、

内緒にしています。




当時から そのするように
おじいさん からアドバイス
されていましたし、

今は ネック自身も、
「そのほうが、いろいろと都合がいい」
ことを知っているからです。






普通の猫が、

普通に のんびりと
公園で昼寝をしている
ように見えて…



その実 ネック は、

世の中の いろいろな事を、
深く 深く 考えつつ、


この 3年間の日々を
過ごしてきたのでした。





言っとくけど…

今のところは まだ、
すぐかなえてほしい 「願い事」
とかは無いよ?


今日は、散歩しに来た
だけだかんね?





この公園に捨てられた当初は、

いろいろな願いごともあった
ネック でしたが…



こうやって公園で、

「まさか、自分たち人間と同じ思考を、
この白猫が持っている」 とは
夢にも思わない人間たちが、

自分相手に、気軽に語ってくる
さまざまな 「本心」 を 聞く日々が、

ネック は 結構、
気に入っていたのです。





うむ…

実は 近々、

おぬしのところに
「相談」 に 行こうと
思っとったんじゃが…


どうじゃ?

ちょっと話さんか?








[章の 目次 に戻る]