■ ネックの望んだ 2つ目の願い(4/7)






…えーと、なに?


それって、あたしが

病気かなにかに
なってる…
てこと?





うむ… どうもな…


「ガン」 に かかって
いるらしいのじゃ…





… がん ??





首をかしげる ネック に、

おじいさん は、
「ガン」 が どういう病気かを
説明しました。



話を聞いている
ネック の 顔が、

じょじょに
青くなっていきます…





え… なにそれ…?

それじゃ、
あたしのガンって、
もう治らないの?


や、やだよ!

あたし、そんなので
死ぬなんて、
ゴメンだかんね!





そのとき ネック は、

先ほどの おじいさん
「相談」 という言葉を
思い出しました。





…あ!

な、なんだ、
そういう事か。

じいさん、分かったよ。





ネック が、

パッと笑顔になりました。





あたしの 「2つ目の願いごと」 は、

『 ガンを治す 』 に するよ!


パパーッと やっちゃってよ、

ガンってやつの治療をさ。





そう言いつつ ネック は、

さらに すばやく
頭をはたらかせました。





…あ、いやいや、
ちょっと待って。


どうせならさ、

『 永遠に生きれる 』
ようにしてよ、

あたしのこと。





それだったら、

ガンが来ようが、
寿命が来ようが、
おかまい無しじゃん。


さえてるね〜、あたし。

よし、これに決定だ!





ところが、
おじいさん は、

ウキウキしている ネック
見つめながら、

本当に申し訳なさそうに
首を振ったのでした。







[章の 目次 に戻る]