■ ネックの望んだ 2つ目の願い(5/7)






いや…

すまん ネック


わしら 「神さま」 は、

そうした 「命を どうこうする」
というような 大きな願いごとを

かなえる力を
持っていないんじゃ…





あくまで、本人の人生の
「キッカケ」 になる程度のこと

しか してやれん…


「ガンを完治」 させたり、
「永遠の命を与える」 ような、

大それたことは、
無理なんじゃ…





それを聞いた ネック は、

怒ったような
泣きそうな顔をして、
怒鳴りました。






はああ!? 何よ それっ!

あんた、あたしの
「1つ目の願い」 を
かなえるときも、

「あれはダメ」
「これはできない」
って、

どんだけ制限したと
思ってんのよ!!





あーあ、

こんなだったら、
『 3つの願い 』 なんて
もらわなきゃ良かったよ…


期待させるだけさせといて、

結局、何の役にも
立たないじゃないの…





少し涙目になりながら、

そんなふうに
怒鳴りちらしていた
ネック でしたが…



おじいさん が 悲しそうに
うつむいていることに気付いて、

自分も うつむいて
しまうのでした…






ただ、怒鳴りちらしたことで、

ネック も 少しだけですが、
気持ちが落ち着いてきました…




うん…

まあ、いいよ…


で、「相談」 ってのは 何?


『 2つ目の願い 』 に
ついて
なんでしょ?





ネック に 言われて、

おじいさん は、
申し訳なさそうな
顔をあげました。





うむ… そうなんじゃ。

わしの力では、
おぬしの病気を
治してやることはできん…


ただ、ガンの症状である
「痛み」 を取りのぞく

ぐらいのことは、できるんじゃ。





ふーん…

そうすっと、どうなるの?





うむ。

おぬしの寿命は 当然ながら、
ガンによって
短くは なってしまうが、

「ガンによる痛み」 で
苦しむことは無いので、

寿命が来るまでは、
ほぼ 今までのような生活が
続けられる
はずじゃ。





ガンのせいで
短くなっちゃった
あたしの 「残りの寿命」 って…


あと どれぐらい?





そうじゃな…


だいたい、
『 残り半年 』 ぐらいじゃ。


来年の春あたりまで、

という感じじゃな…





ふーん…


結構 短いんだ…





ネック は、

ぼんやりと考えこみました。



「まだ若い自分が、
ガンで死んでしまう」


というのは、

なかなか実感が
わいてきません…




それでも、

『 どうして自分が? 』 といった
理不尽への怒り
のような思いと、

なにか とても暗い穴に、
少しずつ引き込まれていくような
ジンワリとした恐怖 に、

胸が ドキドキザワザワ
するのでした。









そんな ネック
様子を見ていた
キツネのおじいさん は、


さらに もう1つ、

こんな提案 を したのでした。








[章の 目次 に戻る]