■ ネックの望んだ 2つ目の願い(6/7)






そこでな、ネック


『 3つ目の願い 』

についても、

相談したいんじゃ。





「3つ目」?





うむ。

先ほど わしは、
『 永遠の命を与えることは
できない 』 と言ったが、

死後の おぬしを
「わしらと同じような存在」 に
することならできる
んじゃ。


それを、「3つ目の願い」 と
してみるのは、どうじゃろう?





ネック は、

ちょっと考え込みました。





じいさんたち と
同じような存在になる」…

っていうのは、

どういうこと?





おぬしらからすれば、

ものすごく長生きに
なる感じじゃな。

病気なども存在せんし、

食べたり飲んだりする
必要もないので、

飢えることも無くなる。


ただ…





ただ?





「現実の世の中」 に
影響を与えること…

つまり、『 かかわること 』 が、
できなくなってしまう。


「見ている」 ことしか
できなくなる
んじゃ。





わしの場合は、たまたま、

この神社を参ってくれる
「人間たちの思い」 のおかげで
生まれたところがあるので、

神社にかかわる
特別なケースにおいてのみ、

少しだけなら、
「現実」 に かかわることが
できる
のじゃがな…





おぬしの 『 3つの願い 』 を
かなえる力も、

そういったところから
生まれているものなのじゃ。


まあ、もっとも…

実際は、大したことは
してやれておらん
のじゃが…





話しの終わりごろには、

キツネの おじいさん は、

ずいぶん自嘲的に
なってしまいました。







[章の 目次 に戻る]