■ ネックの望んだ 2つ目の願い(7/7)






ネック は、

しばらく うつむいて
考えこんでいましたが、


やがて大きく深呼吸して、

フンッと 鼻で笑いました。





よーし、分かったよ、じいさん

2つ目の願いは、
『 ガンの痛みを取りのぞく 』

3つ目は、
『 寿命が来たら、
あんたら 「神さま」 みたいな
存在にしてもらう 』



その提案、
受けようじゃないのさ。





ネック の 言葉に、
ホッとしつつも、

まだ、申し訳なさそうな
顔をしている
おじいさん の 脇を、

ネック は、前足で ド突きました。





ほら! いつまでも
シンキクセー顔してないで、

とっとと 2つ目の願い、
かなえなさいよ!


あんたが
グスグスしてるうちに、

あたしに
「ガンの痛み」 が
出てきたら、

どう責任とってくれんのよ!?


あー イヤだイヤだ。

年寄りは、すっトロいから
面倒だわ。





キツネの おじいさん は、

困ったように笑いながら
立ち上がり、


今後 ネック の 体の中のガンが、
ネック を 痛みで苦しめるような
ことが無いように、

不思議な力
かけてくれたのでした。








木もれ日の下にいる
ネック の 白い体は、

不思議な力を受けて、

しばらくキラキラと
やさしく輝いていました…









彼方の、公園の入口に、

「ネコご飯」 を持った
近所の人間たちの姿が

見えはじめました。




それに気づいた ネック は、

おじいさん に向かって
ニヤリと軽くほほえみ、


大好きなゴハンめがけて、

軽やかに駆けていったのでした…







[章の 目次 に戻る]