■ あの日、ふき が見たものは 3
僕らは まるで…(5/9)





次に ふき は、

ハッと あわてて、
周りを見回しました。







これは 実は、
よくできた『水槽』で、

近所の人が ここで、
小魚たちを飼っている
のではないか?

ジロジロ
覗きこんでいると、
怒られるのではないか…??






いやいや、
あるいは 自分は、

どこかのテレビ局や、
ネットの動画発信者が
しかけた『ドッキリ』

たまたま引っかかっていて、

今も どこかで
自分を撮影している
カメラの向こうで、

しかけた本人が
クスクス 忍び笑いを
しているのではないか??








そんなバカバカしい
推測までが、

一時は 頭の中を
駆けめぐった
ふき でしたが…



冷静になってくるに
したがって、

なんとなく
このカラクリの「正体」
見えてきました。





そういえば先日、
この地方に、

季節外れの台風
だったか、
爆弾低気圧
だかが、

来ていたっけ。





そうなのです。


これは、

「魚たちが自力で
はい上がった」

のでも、

「ペット」でも、
「ドッキリ」でも無く、


『 自然の イタズラ 』
の 結果なのです。






[章の 目次 に戻る]