■ ネックの望んだ、最後の願い 1(2/8)





それにじゃ…




夕空を眺めている
ネック の 後姿に、

キツネの おじいさん
続けました。




そんな事に
「3つ目の願い」
使ってしまっては、

『おぬしの 長生き
のために使う分』


無くなって
しまうじゃろうて。





もちろん
キツネの おじいさん も、

ネック が 本気で
「1年中 春にして」と
言ったわけではない事は
分かっておりました。



…ただ、

ネック からは、
ちょっと 意外な答え
返ってきたのです。





その事なんだけど、さ…


なーんか 今イチ、
魅力を感じないのよ。

『長い寿命』って やつに。





キョトンとした
顔つきになった
おじいさん に かまわず、

夕空を眺めたまま、
ネック は 続けます。





あたしは 死んだら、
「3つ目の願い」の効果で、

じいさんたちみたいな
『神さま』になるんでしょ?





そうじゃ。

残念ながら
「神通力」などは使えんが、

おぬしら「生物」とは
また違った存在
になる…





病気にも ならず、

今後 500年ほどは
十分に生きれる
じゃろうて。






あたしは 別に、
「神通力」なんて
いらないよ。

ただ、ね…





ネック
苦笑しながら振り返り、


頭上に浮かぶ
キツネの おじいさん
見上げました。




「寿命」ばっかり
たくさん もらっても、

『だから何?』って
感じなのよね。






[章の 目次 に戻る]