■ 再び、ここから始める ふき(2/4)
『自分の命だからこそ、自分が本心から
「やりたい」と思うことに使う』






ネック が すでに
「3つ目の願い」を使っている

とも知らずに、


ネックさん は
3つ目の願いで
「神さま」になれる』


励ましてしまった ふき







『長く生きることだけが、
「しあわせ」や「生きる意味」
ではない』
と、

おそらく
ふき だけでなく、
自分自身にも

言い聞かせるように
つぶやいていた ネック









ネックさん…




ふき は、

後悔 と 切なさ
胸が つぶれそうでした…







そーんな
ツラしてんじゃ
ないわよ、ふき





そんな ふき に、

ネック は、静かに
ほほえみました。





あたしが
『やりたい』と思って
やった事
なんだから、

変に「恩」とか
感じられちゃうと、

かえって 困るっていうか
プレッシャー
だよ。


それにさ…





ここで ネック は、
遠くを見るような

でも、とても あたたかい

そんな目をしました。






[章の 目次 に戻る]