■『 感謝されたい症候群 』(4/14)





さっき、

「感謝される仕事」 って
言葉が 出てきたけどさ。

逆に、

『 感謝されない仕事 』 って
どんなのが あるんだろうね?



「え!?」

  



ネック の 唐突な質問に、

ふきかみね
顔を見合わせました。



ふき は 腕組みをして、
過去の自分の経験を
振りかえり…


かみね
スマホ(みたいなもの)
を取り出して

一生懸命、ネット検索を
していますが…


いずれも なかなか、
明確な答えが
出てこないようです。


  




すると、

ここまで黙って
話を聞いていた
ミューラー が、

こんな話を始めたのでした。



私 思うのですが…

そもそも、
『 他人に感謝されない仕事
なんて、存在しない 』

のではないでしょうか?




『 ええ!? 』

  



ふきかみね
仰天して、

ふたたび顔を
見合わせました。



たとえば、
「 販売 」 という仕事を
考えてみたとします。

商品を売るという行為は、

「お店や会社など、
その収益にたずさわる人」

「その商品を作った人・
生産した人」 に感謝される

ことに つながりますし…

その商品の質が良ければ、
ユーザーさん(買った人)からも
感謝してもらえる

かもしれません。





また、

『 映像 ・ 音楽 ・ 書籍 』
といった
娯楽商品を作れば、

それによって
「楽しい時間」 を提供された
ユーザーの皆さんは

制作者に感謝を
感じることもある
でしょう。



娯楽商品の1つである
『 ゲーム 』
作っている ふき は、

照れつつも、この話に
うなずきました。








[章の 目次 に戻る]